中(内)を絞って投げる3

中を絞って投げる時ってどういう時??





 
1.手前のオイルを求めて中に入ることで
  自然と中を絞るラインになった。
c0052683_0262694.jpg

  投球ラインの内にオイルを感じ、
  外ミスのボールも戻るのなら
  ハイスコパターンですね。







2.外に出すとボールが返ってこないため、
  必然的に中を絞るラインになった。
c0052683_026324.jpg

  外ミスにさえ気をつけて投球ラインの
  内にオイルを感じることができれば
  このパターンもそれなりに打てるかも。

  外ミスはガターと思ってあきらめましょうw  







3.外のオイルの状況が不安定で
  ボールの挙動が予測できないため、
  仕方なしに中を絞るラインを取った。
c0052683_027512.jpg

  これも2のパターンと近い状態ですが、
  違うのは外ミスしたときの挙動が
  予測できないため、思わぬ大けがを
  する可能性があるということ。

  こういう時って、外ミスだけでなく
  内ミスも効かない状態になってる
  場合が多いような気がします。

  ヘッドピンに当てて、スペアを拾うのが得策。
  来るべきハイスコレーンへの変化に備えて
  我慢することが大事だと思います。
c0052683_0335915.jpg

    

ざっと3つパターンを挙げましたが、
これ以外にもあるのかな?




いずれにしても良いスコアにするには、
投球ラインの内側にオイルを感じて
投げることが必須ですね~


********************


中を絞ってのスコアメイクって難しく
感じる方もいると思います。


それをどうやって良いイメージにするか?


次回はこのあたりのことを書いてみたいと
思います!!
[PR]
by kitappe300 | 2013-05-22 00:50 | ちょろまかし理論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitappe300.exblog.jp/tb/20245536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中(内)を絞って投げる4 中(内)を絞って投げる2 >>