関西OP振り返り・・・その1

僕はAシフトで、抽選により初日は2階から。

同BOXには、吉田猿太郎P、山下昌吾P、黒田仙雄Pでした。



【 1 G 目 】


早速大会スタート!

練習投球で決めた7~8枚を真っすぐ投げる。
ボールは東名ボ◎ルで買い叩いたwタイムボムで。



そしたら、1フレが②⑩スプリット・・・?

2フレには②④⑧⑩スプリット・・・??



先ほどまで感じたフッキングが見えなくなって
ボールが滑ってます・・・読み間違えた??


いきなり連続スプリットを喰らうテンションダウンな展開に。


すぐさまラインを変えて、5~6枚クロスに変更。
コレが当たりなんとか202。

10フレ1投目も⑦⑩と3スプリット。
なんか微妙なスタートでした。。。



黄色が僕のライン、赤が猿太郎P、緑が山下Pだったかと。
c0052683_204830.jpg




こんなスタートでしたが、同フロアでは
すでにナインコールが2発!!(@@)!!

打ちあいの様相を感じながらいきなり左BOXへ大移動です。





【 2 G 目 】


移った先でも5枚ぐらいをクロスで。

そしたら外、内両方に幅を感じ、頭から9発のセミw



緊張しましたけど、テンションアゲアゲ状態に。

ナインコールでは若干名前が間違われましたが、
そんな細かいことは気にしないでおこうw





【 3 G 目 】


ここも同じように5~6枚ぐらいで、確かパンチして
214だったからちょっと苦労したBOXでした。




【 4 G 目 】


ちょっと遅くなってきたかなぁということで、
8枚ぐらいを真っすぐに。良い感じで、235




【 5 G 目 】


少し様相が変わってきて4フレまで
片方ではストライク、片方でスプリットという
デインジャラスな展開に。。。。。。


5フレだったかな?マーベルPに変えて同じラインを投球。
10フレで⑦⑩喰らうも202で耐え忍ぶ。。。


アマ選抜の時もそうだったけど、かなり相性が良さそう。
この時点で、翌日もマーベルPで投げ切ることを決意しました。





【 6 G 目 】


序盤に10ピンミス(×o×) 

練習投球の時から10ピンラインがしっくりこず、
ここまでごまかしながらのハラハラメイクだったんです。

だから思い切りが足らず、ボールが左を通過・・・


あほんだら~!!ということで気合いを入れ直し、
4フレから10フレ1投目まで繋げて247!!


なんとか打ち切って気持ちよく初日を終えました。



***********************



結局僕のBOXにしても、周りにしても、スタートから
6G目までそれほど板目を内へ寄せてませんでした。


中のオイルが厚く感じるし、奥がキレてるので
動きが不安定になり中を絞ることが無い。


外はキレるけど、キレすぎるところや、ゲームが進むと
キャリーも感じるので、外を使っての出し戻しは
それなりの条件が必要と思われました。

山下Pはやってましたけどねw



どちらかというと、板目に沿って外のラインを
真っすぐ投げておけば、外のキレで外ミス回避、
内のオイルの厚さで内ミス回避って感じでした。


このあたりがハイスコの所以なのかなぁ??


ただどちらもし過ぎると、厳しいピン残りになるのは
間違いありませんでした。



ハイスコレーンに助けられたと言っても、好ゲームと
微妙なゲームが交互にやってくるという危うい展開。


そんな中、自分なりに危ない場面をなんとか
切り抜けたという初日だったかと思います。。。


打ちまくってたプロ達はどう感じていたのか
知りたいですね~



そんなこんなで師匠を応援したかったけど、
仕事のためにそそくさと会場を後にしました。。。。続く
[PR]
by kitappe300 | 2012-02-26 21:14 | 関西オープン挑戦記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitappe300.exblog.jp/tb/17548309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 関西OP振り返り・・・その2 関西OP結果 >>