レーンを読む、とは?

岩切Pがブログで練習ボールのイメージを
プロなりの言葉で表現されています。

なるほど、わかりやすくうまい表現をするなぁと
思いましたので紹介しちゃいます。
(プロの了解は取ってません。問題あれば削除します)




11月14日の記事ですが、タイトルは

『練習ボールは塗り絵』

以下原文


*******************


自分の練習ボールのイメージですが

白いキャンパスにクレヨンで

色を塗っていって

コンディションの形状を

イメージしていきます

描いていくために

いろんな板目を使います。

5枚目ぐらいや15枚目ぐらいとかね


レッスンとかで教えている事なんですが

投げる正解のラインは

曲がり過ぎるラインと

曲がらなくて突き抜けていくラインの

あいだの板目にあります


フラットぎみに感じるコンディションだと

見つけにくいけど

ハウスコンディションなら

当てはまるので

投げてみてこの辺はオイルが多い(色が濃い)

このへんはオイルが少ないや短い(色が薄い)というように

描いていくとスタートをどのあたりから始めればいいのかと

どういう風にアジャストしていったらいいかの

イメージがわいてくるはずです


自分の練習ボールの仕方でした



*******************



ゲーム開始前にどんなコンディションか
把握するためにこんな作業をしてますよ~って
プロは語ってくれてます。



これはゲームが始まってからも応用できますよね。



一投毎にクレヨンで修正加筆するイメージで
レーンの変化を感じとろうとするわけです。


もっと言えば他人の投球も観察して修正加筆すれば
より正確にレーンの状態を把握できるかもしれません。


ま、ここで投球の再現性の話になると、
とっつきにくいことになるので、その議論は置いといて、
まずは、例えどんな投球になってもそれを元に


塗り絵をしてみませんか?

レーンをイメージしてみませんか??


ってことです。



すぐにうまくイメージできないかもしれないし、
勘違いで現実のレーンとのギャップも生じるでしょう。


でも続けていれば見えてくる、僕はそう信じます。

イメージがより鮮明になれば、対処も速く正確になるはず。


僕もうまくお絵かきできるようになりたい~!
[PR]
by kitappe300 | 2011-11-20 23:29 | 情報・雑感等 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kitappe300.exblog.jp/tb/17117097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミスターX at 2011-11-23 10:31 x
できるかどうかは自信がありませんが,凄くわかりやすい話ですね。これからは意識して,下手な絵だけどとりあえず塗ってみようと思いました。
Commented by kitappe at 2011-11-25 23:15 x
ミスターX殿
 とりあえずはやってみることですよね。
 最初からなかなかうまくはいかないかもしれませんけども、
 続けていけばきっとうまく塗れるようになると思いますよ。
 その実力はお持ちですから!
<< へぇ~ この間の大会 >>