+10点のお手伝い・・・7

前回分をまとめると、

 ポケットに行くラインがどこか見当をつけ、
 そのラインが良いラインかどうかを検証する。

という感じでしょうかね?


『 見当をつけて投げる 』作業が
この『 +10点のお手伝い 』の中では
難関の部類に入るかもしれません。


説明するのも難しいし、理解するのも
結構難しいかも。

そして実行して成功を味わうことも
ハードルが高いかもしれません。。。


でも良い結果を出すのに必要だと思うんです。


見当つけた投球が100%正解でなくとも、
正解から大きく外れていなければOKだし。


重要だと思うことだからこそ、
もう少しうまく説明したいのですが、
なかなか難しい。。。

前回の内容を何回も読み直しましたけど、
やっぱりうまくかけてないので、ホントは
手直ししたいw

時間があれば修正加筆するかもしれません。



前置きが長くなりましたが、今回のテーマ、


なぜ上手な方はびっくりするくらい
素早くラインを決めることができるのか?


という謎について僕なりの見解を述べます。



前回の記事の途中で出てきた

『 ちょうど良いボールの軌道 』

これが話のキーワードになります。




『 ちょうど良いボールの軌道 』とは?

投球ラインの見当をつけるにあたって、
ボウラーの数だけその軌道はあるけど
何をもって

『 ちょうど良い 』

とするのか?



答えは

『 その人にとってちょうど良い 』

ん~、全然答えになってませんわww



そのボウラーがホームとするセンターで
投げ込むことで培われたボールの軌道

そのボウラーの投球ラインの
基準となるべきボールの軌道

このように言い換えてみると少しは
わかって頂けるかな?


ボウラーの好きなアングルとは
ちょっと違うんですね。


あくまで基準となる、ボールの軌道なんです。



例えば僕の場合ですけど、

ウレタンボールのXXLを外目から投げた場合と
バーチャルナノを中目から投げた場合を比較








ボールの軌道イメージ
c0052683_2322768.jpg

基準の軌道は同じつもり。。。
全然同じに見えない、か?w



ポケットが支点になり、ボールの軌道が
右に左に移動しているだけ。
c0052683_23292261.jpg

強引ですがこんな風に考えるとどうでしょう?


どのアングルを投げることになっても
ちょうど良い軌道はちょうど良い軌道なんです。


わかったようでわかりにくいかなぁ?w




ではなぜ上手な人は投球ラインの
決断が速いかという僕の見解を。


 ・ちょうど良い軌道(以下基準)が明確でブレがない。

 ・基準を複数持っている。
 
 ・現在のレーンと基準の差異を掴み
  投球で補正ができる。

 ・様々な情報を整理して投球に
  表現できる。

  自身の投げた感覚
  他ボウラーの投球ライン
  仲間のアドバイス
               等々


これらのことが素早くできるので、
わずかな試投で、投球ラインを決定でき、
早々にポケットヒットできるのではと
考えます。


基準が確立しているからこそ
できる芸当なのではないでしょうか。


もし基準がなければいろんなラインを
試す必要が出てくると思いますよ。





ここで具体例として僕の場合を上げます。




この時なぜ僕がこのラインを選択したのか

(理由)
  
  1.こういうボールの軌道が僕の基準

  2.土曜日の晩でレーンの右側はオイルが薄いと予測。

  3.レーン右側の先にキャリーダウンを感じた。

  4.レーンの中目と、左側手前はオイルが濃いと予測。  
 
  
ボールの軌道は僕の基準、いつもの通りです。
インサイドに入れば入射角が少なくなるけど
ピンを飛ばせるイメージは持ってます。

次にボールがどこで動くか調べます。
曜日と時間の関係でオイルの薄いことを
予測してますからハナから薄そうなところは
投げません。省きます。

分布を読むときに失投してキャリーダウンを
感じました。
ボールがそこへ行かないようキャリーダウンを
感じる所の内側を通過させました。

外側はオイルの分布を読んでないので、
全然わかりません。でも多分平気。


ボールが動くところまでオイルを感じたほうが良いので、
オイルの濃いところを予測し投げました。


こんな風に見当をつけて投げたんですね。

まとめ
c0052683_23455786.jpg




僕だったら、わたしだったら・・・って思いません?

こういうのって結構皆さんやってることだと思います。


普段はあまり意識して実行していないとか、
現実とのギャップが生じてうまくいかない
だけではないかいな?


このギャップは練習や経験で埋めることが
できますから、ややこしいからといって
あきらめたらダメですよ!w


まだまだ続きますが長くなったのでこの辺で。



次回はどうやって

『 ちょど良いボールの軌道 』

を培い、

『 見当を素早くつける 』

能力を養うのか?


この辺りのことを書いてみたいと思います~
[PR]
by kitappe300 | 2011-06-22 23:59 | +10点のお手伝い | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitappe300.exblog.jp/tb/16505711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ちょっと休憩 +10点のお手伝い・・・6 >>