+10点のお手伝い・・・5

全然体調がもどりません。。。
6月の0円生活は大赤字ですなw


さて前回分を簡単にまとめると


・レーンを読む技術は習得すると一生モノ!


というような感じでした~ 



今回はオイルの濃淡(薄)についてです。


オイルが濃いとか薄いって投げただけでは
ちょっとわかりにくい気がします。


濃いオイルと長いオイルの違いって、
投げて判別するのってなかなか難しそう。

短いオイルと薄いオイルも同様ですね。


また、回転が少なくてスピードが速い人は
濃淡があってもその差を感じないとか。
c0052683_364435.jpg








回転の多い人はその逆であまり差がなくても
敏感に濃淡を感じるかもしれませんね~
c0052683_357369.jpg







ボールの動きから濃淡を見分けることは、
訓練してボールを観察する眼が肥えないと
難しいかもしれません。
(これについては機会があれば・・・)






そこで、ボールについてくるオイルに着目!!!
c0052683_4151631.jpg

着床して最初にオイルに触れる部分が
ファーストトラックです。
この部分には手前のオイルがついてきます。


ファーストトラックから離れるほど
より奥のオイルが付いてきます。




このことから、手前と奥のオイルの差が
ローリングトラックからわかるんですね。
c0052683_3594036.jpg

c0052683_415371.jpg

これがレーンの縦方向のオイルの濃淡差。






次に板目ごとに投げてみた場合。

ローリングトラックのオイルの付き方が違えば、
横方向にオイルの差がある、と言えますよね。
c0052683_435953.jpg



かなり大雑把ですけど、これだけでも
オイルの状況が目に浮かびませんか?w





ん~、ちょっと濃淡については説明が難しいなぁ・・・


いっぱいオイルが付いてきたからと言って
曲がらないという訳でもなく。。。

逆に少ないからと言って曲がるという訳でもなく。。。


球質や使用ボール、レーンの材質、オイルの粘度とか
いろんな要素があるので、このことだけでは判断が
甘くなるでしょうね。

やはりボールの動きから濃淡を判断する方法が
正確だと思います。結構難しいことですけど。


だから、まずはボールがどの辺で動くかを
見れるようになって、レーンを読むことに
慣れていきましょう。

それができてからでも遅くはありませんよ~
[PR]
by kitappe300 | 2011-06-19 04:08 | +10点のお手伝い | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kitappe300.exblog.jp/tb/16488576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-06-19 22:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kitappe300 at 2011-06-20 00:03
↑殿
 御拝読ありがとうございます!
 一応、全体的な流れをイメージして制作してますので、
 余裕があればお応えしていきたいと思ってます。
 楽してスコアアップ!w
<< 最近の大き目の大会 +10点のお手伝い・・・4 >>