+10点のお手伝い・・・3

前回分を簡単にまとめると

・ボールの滑り具合や曲がる場所で
 オイルの長さを測る。
・何ヶ所か板目真っ直ぐに投げてみることで
 オイルの分布が浮かび上がる。


ということでした~



でも、書いておきながら言うのは何ですが、
こんなに単純ではないのはお分かりかとw


そこで今回はオイルの濃淡についても
書こうかと思います。。。。。


が、


いろんな事情でオイルなんて読めないよ~~
っていう方もいるので、先にそちらを解決?
してから進みましょう。


それではまずはこの動画から。

見事なノーヘッドww



この時土曜日の晩でしかも競技会後
だからレーンは遅いと判断して中から投げたんです。


まだ投げ始めだったのでアプローチは突っかかるわ
ボールは外にこぼれるわで投球はワヤですわ。


そんな時の僕の気持。
c0052683_23203063.jpg




でもですね、そんな時でも観察をするんです。



例えば、あそこまで出ると返ってこない、とか。
c0052683_232142.jpg

これはこれで貴重な情報だと思いますよ。





でも読みたいラインとは違いますので、
次の投球は読みたいラインを投げます。

満足のいく投球ならその情報をインプットし、
またミスればミスした情報をインプット、
次の投球は再度読みたいラインを投げるんです。


どういうことかと言うと、読みたいラインに
投げ切れるまで投げましょうよ、知りたいと
思う情報を掴みましょうよ、あきらめずにね!
ということなんです。
c0052683_2321455.jpg





ちょっと強めに言うと、
レーンを読もうとしないということは、
c0052683_23302944.jpg

目隠しされて投げるのと同じ。



投球ミスの許容範囲って、人によって
違うので一概には言えませんが、
投球にバラつきがあるのは当たり前、
狙った通りに投げなくて当たり前、
プロならともかく、アマなら普通です。


別にそれでも構わないんです。



フォームが全然固まってない初心者なら
まだまだ難しいと思いますが、中級以上の
方なら、読みが甘くなるのはおいといて、
レーンを読む作業は十分できますよ。



ボウリングの楽しさの半分はこの
『読み』にあると思うんです。



読み通り、狙い通りコトを運ぶと
面白くなってきませんか?


だからレーンを読んだ『つもり』で
狙い通り10本倒した『つもり』で
ボウリングの醍醐味である『読み』を
楽しみましょうよ、ということなんですね~




toroさんのブログでよく出てくる


『仮説』を立てて 『検証』する


これはこういうことだと解釈しています~
[PR]
by kitappe300 | 2011-06-10 23:35 | +10点のお手伝い | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://kitappe300.exblog.jp/tb/16453048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by torokakke at 2011-06-11 04:11 x
わっ、きゃ~(*^。^*)

恥ずかし~(^^ゞ
Commented by あまなつ at 2011-06-11 08:24 x
わかりやすくってすばらしいですね。
自分なりに立ち位置移動してポケットにボールを集めているんだから感覚的には理解しているんだと思うんだけど、言葉で現せないんです。
勉強になります。
Commented by ミスターX at 2011-06-12 09:56 x
なるほど。少しわかった気がします。ミス投球の中にも情報が詰まってるので,目を背けないで軌道を見ないとダメですね。そしてそれを次のレーンの読みに生かさないと・・・。意識してみたいですね。
Commented by torokakke at 2011-06-12 17:09 x
冗談はさておくとして、
ミス投球が無いとレーンを読めないのも事実ですよね。
Commented by kitappe at 2011-06-14 23:52 x
みなさんお返事遅くてスイマセン。。。

あまなつ殿
 言葉で表す必要はないですよ。僕がやろうとしてるのは
 投げたボールから貰う情報を、頭の中で変換して、
 オイルパターン表を作成。それを1投毎に更新しながら。。。
 てなことを目指してます。できるかわかりませんがね~w

ミスターX殿
 そのわかった気、というのが大事w レーンも読めた、という
 気が大事です。最初はトンチンカンな読みでもそのうち
 見えてくる、ということを信じてやってみてください!

toroさん
 レーンを読む作業なので、拾える情報は拾っておくと。
 しょーもない投球の結果からでも、ひょっとしたら
 それがパズルのピースとピースのさらに隙間のピースとして
 使える場面があるかもしれませんし。
<< +10点のお手伝い・・・4 +10点のお手伝い・・・2 >>