オイルの濃淡を探す

と、簡単にタイトルをつけてみましたけど、
本格的に書くとなると、結構重くて難しい
テーマなんじゃないかなぁ。

自分でもできてるかと言えばまだまだだし、
思い違いや知らないことなんかたくさんあると
思います。

間違ってたらスミマセン・・・



自分はプロでもなく、トップアマでもありません。
そんなボウラーが実体験に基づいて書いてる、
ってことを御了解下さい。

突っ込みも大歓迎します。

そもそもこんな技術的なことを書くのは
みなさんに突っ込んで欲しいからw

な~んて、言い訳がましいことを先に言って、
責任逃れをしていますがそれが何か?www


それではっと、基本的な濃淡の境目の見つけ方は
この間記事にしました。

この基本をしっかり押えておけば、ソコソコ
レーンが読めるし、そこそこスコアも付いてきます。

でも、ソコソコじゃイヤイヤ~!!とか、
板目に沿ってなら簡単に読めるんじゃ~!!とか、
そんな方のために、ボールをレーンに対し横切らせて
オイルを読む方法を書いてみたいと思います。


c0052683_14302311.jpg

単純に色々オイルが分布してるように描いた絵です。
ホントはもっと複雑なんですが、僕の描画力では
これが精一杯w 

でもなんとなくイメージが湧くんじゃないかなぁ。
手前が枯れてるとか、奥が伸びてるとか、中が
厚いとか、等など。

ボールを横切らせてオイルを読みにいく時、
僕が絶対必要だと考えてる事が有ります。
(板目に沿って投げる時も必要だと思いますが)


『 自分の投げたボールの滑り具合を観察すること 』


ボールが完全に滑ってるのか、半分レーンに噛んで、
半分滑ってるのか、起き上がりながら滑ってるのか、
ボールが噛んだ後、また滑ってるのか、等々。

オイルが有れば滑り、なければ噛む、そんな単純な
現象を利用してます。

先ほどの図の状態は、この滑り具合で
全部判断できると思います。


ボールの滑りを観察して実際のレーンをイメージするって
やっぱり結構難しいかな。経験も必要かも。

投球者のボールと回転のバランスが取れてないと
読みにくいし、使うボールもそのレーンに対して
読みやすいボールじゃないと読みにくいし。


誰でも簡単にすぐにできるとは思いませんが、
まぁなんとなくわかって頂ける方は
そのまま記事を読み進んでくださいw



なるべく分かり易くするためにいくつか例をあげますね。


1.外から投げて中のオイルに当たる場合
 
c0052683_151347.jpg


 ボールをクロスで投げて、真っすぐ左に突き抜けるかと思ったら、
 中のオイルにブロックされて(弾かれて)ボールが左を向かず、
 奥のオイルの切れ目に入ってから動いた、そんな状態です。 


2.内から投げて中のオイルに当たる場合
  
c0052683_15135276.jpg

  
 ボールを内から外へ投げて、ボールが噛んで、曲がったのに、
 中のオイルにブロックされて(弾かれて)ボールが内を向かず、
 奥のオイルの切れ目に入ってから動いた、そんな状態です。 



こんな風に1や2のような動きをする場所は、
なんらかの濃淡の境目が有ります。
 
ただし、濃淡の境目でいつもこんな動きをするとは限りません。
使うボールによっても、こういう動きが見れる場合と見れない
場合があります。


3.フッキングの手前で外に出される場合
 
c0052683_15312572.jpg


 絵がうまく描けてない・・・w
 うまく説明できるかな?
 
 えっと、中のオイルが厚くて、ボールが滑って行って、
 シュートっぽく(実際にはシュートしてないと思いますが)
 オイルによって外に出されるように見えた、
 そんなイメージで描いてみたんですが。。。

 ボールの軌道を予想したのは黄色の点線だったけど、
 ん、んん~??という感じになると思います。

 ボールが滑って弾きだされてる区間と、噛みだした区間を
 よく観察すると濃淡の境目が大体イメージできる??
 難しいかwwよく見てないと見逃がしますね。


1~3にしても、またこれ以外の場合にしても、
ボールの動き=滑り具合をよく観察することです。


普段から自分の投げるボールだけでなく、
人が投げてるボールからレーンを読む訓練をするのも
良いかと。ボールを観察する眼を養うという意味で。

人が投げるのを見るのはタダですから
お金が要りませんしw



参考(ついでに書きます)
 
c0052683_15413679.jpg

 中のオイルが厚い時、7ピンや10ピンには注意です。
 (特にカバーボールを使う場合)

 黄色の点線が想定したライン。
 
 7ピンの場合、中のオイルに弾かれて、想定したより
 ボールが左に行ってくれず、緑のラインを通って右にミス
 します。

 10ピン場合は、外にボールが弾かれて右にミスします。

 あらかじめピンの左側を狙って投げとけば、ちょうど
 ピンの真ん中を打つんじゃないかなぁ。

 オイルをうまく使って10ピンを取る方法は
 この現象を逆手にとります。


 右投げの場合ですが、こういう時の左側の残りピンって
 結構難しいので、注意深く投げるか、普段からいろんな
 スペアアングルを練習しておくべきかと。。。 


************************

 
これ以外にももちろんパターンはありますけど、
ここで紹介して、こんな時はって説明しにくいんですよね。
感覚的な部分もありますし、文章にするって難しい。。。


あくまでボールの動きで判断するので、実際に一緒に
投げて説明するのが一番分かりやすいはず。


『百聞は一見に如かず』


僕と投げる機会があれば答えれる範囲でお答えしますね~



読み込むのに時間はかかりますが、ローダウン@wikiの

 ・ボールとレーンコンディション

 ・ピンアクション

僕はすっごく参考になりました。
マニアな方は御一読をお勧めしますww
[PR]
by kitappe300 | 2010-05-05 16:09 | ちょろまかし理論 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://kitappe300.exblog.jp/tb/14314043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gousoku at 2010-05-08 08:22 x
ボウリングってやっぱり奥が深いですね。
今まで気が付かなかっただけかも知れませんが
オイルに弾かれると感じた事が無かった。
これが認識できればレベル上げられそうですね。

Commented by kitappe300 at 2010-05-08 21:13
gousoku殿
 いつもいつも弾かれる感じがあるかはわかりませんが、
 レーンによって、投げるボールによって、球質によって、
 良く分かるときがあると思います。
 ま、分からなくても打てればそれで良し、なんですがねw
Commented by 龍田浩史 at 2010-05-08 21:57 x
サブで練習される時、誘ってください~。
そして、教えてくださいな^^
Commented by kitappe300 at 2010-05-08 23:07
龍田殿
 了解です~ 平日の晩とかはOKですかね?
 サブは平日の22時以降、1500円で閉店まで(3時)
 5時間投げ放題です(ヨーロピアンですが)

 競技会後になることが多いので、22時から投げれるかは
 ワカリマセンが、少なくとも23時過ぎからは投げれます。
 土曜日が休みなら、金曜の晩とか使いやすいでっせ!
Commented at 2010-05-08 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 責任感じちゃうなぁw 稲沢Gオフ >>