ジャスポケを狙う その3

僕もこういうことによく遭遇します。

【その1】
 レーンは読めました!! 高確率でストライクになりそうな
 ラインも決まりました。
 でもなかなかそのラインに乗せることができません。。。


【その2】
 レーンは読めました。!! 
 でも高確率でストライクになりそうなラインが全く分かりません。。。。


こういう場合どうすれば良いか?僕なりの考えを書いてみますね~



【その1】の場合

説明をしやすくするために、レーンは簡易なコンディションとします。
ボウラーによってオイルの感じ方は違いますから、何を基準に
簡易とするか、ここでは決めません。その人にとって易しそうな
レーンとします。


高確率でストライクが出る(続く)パターンは、

1.ある程度の投げミスをしても、ジャスポケを突いてくれる

2.ある程度の投げミスをし且つ、ジャスポケを突かなくても、
  薄め或いは厚めでピンが倒れる

3.ちゃんと投げて、ジャスポケを突いてくれる

4.ちゃんと投げて、ジャスポケを突かなくても
  薄め或いは厚めでピンが倒れる
  (レーン変化によるもの)


この4つが組み合わさった状態であると考えられます。


ある程度の投げミスというは、スパットミスだけでなく、スピードや
回転の強弱、回転方向などの差異も含みます。
ミスの許容範囲はボウラーそれぞれであり、ここでは決めません。


ラインが決まったということは、この1~4の現象が起こりそうだと
判断したわけです。

高確率でストライクが出るラインが解ってるにもかかわらず、
うまく投げれず結果が芳しくなかったら、許容範囲を超えた
投球ミスとしてあきらめがつきませんか?w


僕は次の投球こそは許容範囲内におさめてやる!!と、
ラインに乗るまで投げます。


もしくは、実はレーンがいまいち読めてない?と疑う場合もあります。

その場合は再度、レーンを読み直し、ミスの許容範囲が
広がるところがあるか、探してみます。

コントロール(投球精度)があればなぁ、と考えるのが一般的かも
しれませんが、僕は自分の能力のなさを受け入れつつ、その時点で
ベストを尽くせることをします。


それが、次こそは!!と、もっと楽なところ、ない?? ですわ。

こんな結論、ダメですか???w

*****************************


【その2】の場合

濃淡、長さなど、オイルの分布は把握できたけど、どこにラインを引けば
高確率でストライクが出るか、全くわかりません!!という状態です。

こんな場合は、toroさんのブログにもよく出てきますが、
『仮説と検証』、これを繰り返す他ないのでは?と思います。

投げミスをしても、立てた仮説を検証できるまで投げることが
もちろん大事ですよ。途中でやめちゃダメですw


豊富な経験を積んだボウラーなら、『こんなレーンで投げたことある!』
として、ある程度ラインを引くことができると思います。

記憶と、実際のレーンとのギャップは、ほんの少し『仮説と検証』を
行うだけで埋めてしまいます。

ということは、いろんなレーンを投げて経験を積めば、ラインに
ある程度見当がつくレーンが増えていくのではないでしょうか?


いろんなレンコンで投げましょう!

これも結論になってない?w



また、オイルを読んだ結果、分布が複雑で、難しい、どこに投げる??
といった場合、このレーンは難しい!!ということに気付いて
いるのですから、後は簡単です。


ヘッドピンに当てましょう。

ストライクよりスペアを大切にしましょう。


簡単ですねw


役に立つかわかりませんが、僕の考えはこんな感じです。。。。
[PR]
by kitappe300 | 2009-09-16 02:35 | ちょろまかし理論 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kitappe300.exblog.jp/tb/12356656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by torokakke at 2009-09-16 04:17 x
凄いっすよ!
これを読んじゃえば、みんな自信を持てるって思いましたよ。

ラインに乗るまで投げるのは重要ですし、
ミスの許容範囲が広がるところがあるかを探せば、
快挙だって達成できちゃいますよね。

それと、難しいと認めることも重要ですね。

そんな時には、投げ終わってからでも良いですから、
仲間同士で「今日のレーンはここだったかな~」って話したり、
打ってる人のラインを見ておいたりすることで、
後々のためになったりしますよね。

こうやって経験を重ねてるうちに、
こうなんじゃないのかな~って自分で思えるようになれば、
それだけでも十分ですものね。

Commented by ねこ460 at 2009-09-16 09:24 x
“上手い人”は自然にこれが出来ちゃってるのかもしれませんが、
それを自分で咀嚼し、皆に教えてくれるkitappeさんは…やっぱ凄い人ですわ。

結論:女性の口説き方とレーン攻略は似たようなもの。その人の個性が出る
Commented by kitappe at 2009-09-16 10:11 x
torokakke殿
 こんな内容ですが、みんな自信持ってくれますかね?
 まぁ、一生懸命書いた、それは伝わったのではと思いますw

 これを読んで試した人が、半年後、1年後に 『道が開けた!』と
 言ってもらえたら嬉しいですね~
Commented by kitappe300 at 2009-09-16 10:20
ねこ殿
 全然自然に出来てませんし、凄くないですから・・・
 
 ここだけの話、ローw○ki 読んでからですよ!
 レーンを読むことについて、スッキリしたのは
 若干1年ぐらいの話ですよ!!w

 僕はそっちの方は。。。。 今度攻略法教えてください、師匠!!w
Commented by ochan at 2009-09-16 13:13 x
毎度です。シンプルに説明してもらえて、非常にすっきりです。
次は実戦ですっきりさせるべく、モゴモゴ…。(^_^;
Commented by kitappe at 2009-09-17 10:13 x
ochan殿
 どうも~! わかりやすく書いたつもりですけど、文章量が
 多いので読むのがめんどくさかったかと思いますw
 
 レーンを読む能力は一生モノだと思います。一回身につけば
 そう簡単に劣化しないと思いますよ。体力と違ってね!
Commented by りりー at 2009-09-17 23:32 x
私が以前良くやっていた練習なんですが...

オイルパターンを公表していない場合
いろんなライン、いろんなアングルで投げて、そのとき、どこでボールが動くかを1~2ゲームじっくり見て、その感じた様から、オイルパターンを図に描くんです。
そして、オイルパターンを知っているスタッフに、その図を見せて、正誤を聞くんです。実際に図があれば、図と比較するんです。
これを繰り返すと、オイルパターンがイメージできるようになると思います。

オイルパターンが公表されていた場合
そのパターンを意識しながら、いろんなライン、いろんなアングルを投げて、動きを見ていると、なるほどな!って感じると思います。

その他、ずっと同じラインを狙い続けて、ボールの動きに違いが出てもアジャストしないで、キャリーダウンやオイルの乾きで、完全にはっきりとした変化がでるまで投げ続けるんです。
このとき、ボールの動きを見ることに注力しているので、これを何度も繰り返していくうちに、わずかな動きも感じるようになると思います。

でもこれらは、かなり物好きでマニアックじゃないと続けられませんが(笑)
Commented by kitappe300 at 2009-09-18 08:59
リリー殿
 全然マニアックじゃないですよ!!
 オイルを読むってどういうこと?とか、何すればいいの?という方は
 やるべきだと思います。以前、Pボウルでオフ会した時、参加者に
 投げて感じたオイル分布の図を書いてもらう、磯○Pに本日の
 パターンを解説してもらう、ということをやりました。 ま、みなさん
 全然書いてなかったような気が・・・w やり方が拙かったかも・・・
 一回やっただけじゃダメだし、やっぱり続けないとねぇ。
<< ジャスポケを狙う 補足 続・ジャスポケを狙う >>